このWebサイトでは利便性の向上のためにCookieを利用します。
サイトの閲覧を続行される場合、Cookieの使用にご同意いただいたものとします。
お客様のブラウザの設定によりCookieの機能を無効にすることもできます。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。

書を持って、旅に出よう! with Social Leaders (テーマ: 利益優先のサステナビリティ事業からの脱却)

書を持って、旅に出よう! with Social Leaders (テーマ: 利益優先のサステナビリティ事業からの脱却)

  • 会員限定
  • 受付中

スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版の論文を使って、様々なセクターのソーシャルリーダーと一緒に日本の現状について話し合い、「これから」について考えていく、SSIR-Jコミュニティメンバー(有料会員)限定の場です。

会員登録がまだの方は、こちらから! https://ssir-j.org/subscribe/

第1回目のゲストは、クロスフィールズ共同創業者・代表理事の小沼大地さんとTakramビジネスデザイナー / ディレクター、そしてLobsterr Publishing共同創業者の佐々木康裕さんです。聞き手はSSIR-J 編集長の中嶋愛が務めます。

ゲストと参加者は「教える」「教わる」という関係性ではなく、フラットな立場で場を進めていきます。

SSIR-J 最新号に掲載されている「利益優先のサステナビリティ事業からの脱却」をテーマに、小沼さんが書かれた(”SX”への期待と強烈な違和感を、NPOの立場から語ってみた)のようなSXに対する違和感や感想について話し、考えを深めていきます。今後どのようなアクションが取れるか、どのようなマインドでこの問題に向き合えばいいのかなどをフラットに話し合っていく予定です。

こんな人におすすめ
・SSIR-Jの論文を実践者と読み進めていくことで、記事の内容をより深く理解し、自分にひきつけて考えるきっかけにしたい人
・みんなで論文を読み進めていくことで、自分の活動や組織のヒントにしたい人
・利益優先のサステナビリティ事業の未来についてより深く考えたい人
・サステナビリティ事業の新しい形について模索したい人
など!

【概要】
日時    : 9月30日(金) 19〜20時半
方法    :オンライン(Zoom)
使用する論文:利益優先のサステナビリティ事業からの脱却
参加者   :SSIR-J コミュニティメンバー限定
※場の性質上、カメラオン、マイクオンでお話できる方に限定します。
定員    :10名(抽選)
参加者の準備:事前に論文と小沼さんのnoteをしっかり読みこむ
       論文(https://ssir-j.org/business_case_for_corporate_sustainability/
       小沼さんのnote(https://note.com/daichi0715/n/n2a03f15aab47
内容    :30分 小沼さんと佐々木さんの論文のテーマに対する対談
       (ファシリテーター:中嶋愛)
       1時間 ディスカッションタイム
参加者発表の流れ:申込締切 9月20日(火)
         発表   9月21日(水)
         抽選の結果、当選された方も落選された方にもメールで通知いたします。 

【ソーシャルリーダープロフィール】

小沼大地さん 
クロスフィールズ共同創業者・代表理事



青年海外協力隊としてシリアで活動した後、2008年マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。2011年5月NPO法人クロスフィールズ創業。ビジネスパーソンが新興国で社会課題解決に取り組む「留職」など様々な事業を展開。国際協力NGOセンター(JANIC)および新公益連盟の理事も務める。著書『働く意義の見つけ方―仕事を「志事」にする流儀』(ダイヤモンド社)がある。一橋大学社会学部・同大学院社会学研究科修了。

佐々木康裕さん 
Takramビジネスデザイナー / ディレクター / Lobsterr Publishing共同創業者


スローメディア「Lobsterr」を運営するLobsterr Publishing共同創業者。ニュースレターやPodcast、コマース、コミュニティなど多様なフォーマットを横断する新しいメディアの形を模索している。また、クリエイティブファームTakramに所属し、幅広い業界でコンサルティングプロジェクトを手がける。著書/共著に『パーパス 「意義化」する経済とその先』(NewsPicksパブリッシング)、『D2C 「世界観」と「テクノロジー」で勝つブランド戦略 』(同)、『いくつもの月曜日』(Lobsterr Publishing)等。

【ファシリテーター】

中嶋愛
スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 編集長


日本経済新聞社の記者として通商問題などを担当したのち、スタンフォード大学で修士号取得。帰国後、プレジデント社で20年にわたって雑誌、単行本、ウェブコンテンツの編集に携わる一方、海外ライツ事業室を立ち上げ、日本語コンテンツの海外輸出業務を手がける。担当した『ワーク・シフト』(リンダ・グラットン著)は2013年ビジネス書大賞を受賞。翻訳書に『徹底のリーダーシップ』(ラム・チャラン著)などがある。

タグで絞り込み検索