このWebサイトでは利便性の向上のためにCookieを利用します。
サイトの閲覧を続行される場合、Cookieの使用にご同意いただいたものとします。
お客様のブラウザの設定によりCookieの機能を無効にすることもできます。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。

リスキリングにおいて官民連携の核になるものは何か

技術的失業を個人の責任にしない

※本稿は、SSIR Japan 編『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 04 コレクティブ・インパクトの新潮流と社会実装』のシリーズ「社会を変えるコラボレーションをめぐる『問い』」より転載したものです。

後藤宗明 Muneaki Goto

「リスキリング」との出合い

リスキリング(Reskilling)とは、「新しいスキルを身につけて、新たな業務や職業に就くこと」をいう。その目的は、デジタル化が進むなか、失業者が生まれるのを未然に防ぐこと、そしてデジタル化によって生まれる新しい仕事に、労働者が円滑に移行できるよう新たなスキルや知識を習得させることにある。その実施責任は基本的に行政や企業にあり、外部環境の変化に合わせて企業を変革し、新たに必要となる社内業務に社員を配置転換するのがリスキリングの考えだ。

テクノロジーによる自動化がますます進むこれからの時代、失業の危機に追いやられる人たちは増える。大量の技術的失業(技術の進歩によって起こる雇用の喪失)が起こる前に、日本でもリスキリングの正しい知識と実践の輪を広げ、労働力の配置転換をしていかなければいけない。

私が痛切にそう思うようになった背景には、自身の経験がある。2014年、43歳で初めて転職活動を始めた私は、書類選考と面接で100社以上落とされて未来に希望が持てない毎日を送っていた。それまで、新卒で銀行に入り営業でトップになり、退職後は人材系スタートアップでニューヨーク拠点の立ち上げを担当した後、ニューヨークで起業してコンサルティング会社を7年経営、帰国後にはアショカ(アメリカ・ワシントンに本部を持つ世界最大の社会起業家グローバルネットワーク)の日本法人立ち上げなど、さまざまな経験を積んできた。働き方の指針として大切にしていたのは、2001年にニューヨークで出合った「ソーシャル・アントレプレナーシップ(社会起業家精神)」という言葉だ。社会課題を解決するビジネスをつくりたいという一心で、さまざまな挑戦を重ねてきた。しかし転職活動で言われたのは「専門性が低い」「キャリアに一貫性がない」ということだった。

本記事はメンバーシップ登録済みの方のみ閲覧いただけます。

  • すでにメンバー登録がお済みの方

  • メンバーシップ(有料)がこれからの方

タグで絞り込み検索