このWebサイトでは利便性の向上のためにCookieを利用します。
サイトの閲覧を続行される場合、Cookieの使用にご同意いただいたものとします。
お客様のブラウザの設定によりCookieの機能を無効にすることもできます。詳しくは、プライバシーポリシーをご覧ください。

Editor’s Note:他を生かす「循環」の恵み

Editor’s Note:他を生かす「循環」の恵み

※本稿は、SSIR Japan 編『スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版 02 社会を元気にする循環』より転載したものです。

中嶋愛 Ai Nakajima

みなさまこんにちは。スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版を創刊したのは真冬でしたが、はや6月になりました。季節は巡ります。「巡る」というとぐるっと回って戻ってくるイメージがあります。たしかに地球が太陽の周りを一周回って戻ってきているわけですが、私たちにとって今年の夏は去年の夏とは違います。季節が巡ると感じるのは「暦」があるからかもしれません。後戻りできない時間という直線を季節の循環に見せる工夫は、よりよく、より賢く生きるために人間が発明したイノベーションといえるかもしれません。

今号はその「循環」がテーマです。循環と似て非なるものに「反復・繰り返し」があります。シジフォスの神話にもあるように、人間にとって単純な反復作業は、何も生まない苦役に感じられます。循環と反復の違いは何か。それは、循環は他を生かすことや再生と結びついているということではないでしょうか。血液の循環が私たちを生かし、空気や水の循環が地球環境を再生する。大切なものを未来に受け継いでいく「循環」について、さまざまな角度から考えていきます。

まずはお金を次世代にどう循環させるかという問題です。経済学者の山口慎太郎は「いまの子育て世代を助ける」という視点での子育て支援策を「次世代への投資」と定義しなおし、政策ごとの投資効率を実証研究によって明らかにすることを試みています(「なぜ子育て支援が『みんなの未来』に役立つのか」)。子育て支援の難しさは、長期的な経済成長や犯罪率の低下といった社会全体への恩恵が子育てのコストを払う親に還元されないという「正の外部性」があるところです。

本記事はメンバーシップ登録済みの方のみ閲覧いただけます。

  • すでにメンバー登録がお済みの方

  • メンバーシップ(有料)がこれからの方

  • 考えてみる、調べてみる、ためしてみる etc.
タグで絞り込み検索